はじめてのお客さまへ

JAバンク徳島における地域密着型金融の取組状況(平成28年度)

 JAバンク徳島(徳島県下JAと徳島県信用農業協同組合連合会)では、農業と地域社会に貢献するため、平成28〜30年度JAバンク徳島中期戦略に基づき地域密着型金融の推進に取り組んでまいりました。

 平成28年度の地域密着型金融の取組状況について取りまとめましたので、ご報告いたします。

1 農山漁村等地域の活性化のための融資を始めとする支援 (JAバンク徳島の農業メインバンク機能強化への取組み)

 JAバンク徳島は、地域における農業者との結び付きを強化し、地域を活性化するため、次の取組みを行っています。

(1)農業融資商品の適切な提供・開発

 JAバンク徳島は、各種プロパー農業資金を提供するとともに、農業近代化資金や日本政策金融公庫資金の取扱いを通じて、農業者の農業経営と生活をサポートしています。

 平成28年3月末時点のJAバンク徳島の農業関係資金残高は4,505百万円、日本政策金融公庫等の受託貸付金は1,903百万円となっています。

【資金種類別農業資金残高】

(単位:百万円)

種類平成29年3月末現在
プロパー資金3,589
農業制度資金915
うち農業近代化資金860
うちその他制度資金55
合計4,505
(注)
  • プロパー資金とは、JAバンク原資の資金を融資しているもののうち、制度資金以外のものをいいます。
  • 農業制度資金には、①地方公共団体が直接的または間接的に融資するもの、②地方公共団体が利子補給等を行うことでJAバンク徳島が低利で融資するもの、③日本政策金融公庫等が融資するものがあり、ここでは①③の転貸資金と②を対象としています。
  • その他制度資金には、農業経営改善促進資金(スーパーS資金)や農家経営負担軽減支援特別資金などが該当します。

【農業資金の受託貸付金残高】

(単位:百万円)

種類平成29年3月末現在
日本政策金融公庫資金1,903
その他
合計1,903

(注)
JAバンク徳島では、主には徳島県信用農業協同組合連合会を窓口として、日本政策金融公庫資金の受託貸付金を取り扱っています。

【営農類型別農業資金残高】

(単位:百万円)

種類平成29年3月末現在
穀作152
野菜・園芸796
果樹・樹園農業135
工芸作物5
養豚・肉牛・酪農107
養鶏・鶏卵3
養蚕0
その他農業2,697
農業関連団体等605
合計4,505
(注)
  • 農業関係の貸出金とは、農業者・農業法人および農業関連団体等に対する農業生産・農業経営に必要な資金や、農産物の生産・加工・流通に関する事業に必要な資金等が該当します。
  • 「その他農業」には、複合経営で主たる業種が明確に位置づけられない者、農業サービス業、農業所得が従となる農業者等が含まれています。
  • 「農業関連団体等」には、JAや全農(経済連)とその子会社等が含まれています。
(2)JAバンク利子補給、利子助成による支援

 JAバンク徳島では、農業経営に必要な資金(農業近代化資金、農業振興資金等)を農業者支援を目的として低利融資をさせていただいておりますので、県下JA窓口にご相談下さい。

(3)担い手のニーズに応えるための体制整備

 JAバンク徳島では、地域の農業者との関係を強化・振興するための体制整備に取り組んでいます。JAでは、本支所(店)の農業融資担当者が、営農・経済担当者がお聞きした情報も含めて把握をし、農業融資に関する訪問・資金提案活動を実施しています。

 また、県内15JAの本所(店・部)には、「担い手金融リーダー」が設置され、支所(店)の活動をサポートしています。

 徳島県信用農業協同組合連合会では、JAのサポート指導機能、農業法人等への融資相談機能を担う「県域農業金融センター機能」を構築し、これらの機能の拡充・強化を実施しています。

2 経営の将来性を見極める融資手法を始め、担い手に適した資金供給手法の提供

 JAバンク徳島では、担い手の経営実態やニーズに適した資金の提供に努めています。

(1)負債整理資金の提供による償還負担の軽減支援

 JAバンク徳島では、農業者の経営再建を支援するため、負債整理資金を取り扱っています。平成28年度の実績は以下のとおりです。

【平成28年度負債整理資金の提供による貸出実績】

(単位:件,百万円)

資金名実行件数実行金額平成29年3月末
残高
負債整理資金00530
畜産関係特別資金0029
農家負担軽減支援特別資金000
合計00559
(注)
  • 農家負担軽減支援特別資金は、営農に必要な資金を借り受けたために生じた負債の借換えのための制度資金であり、JAなどの融資機関において取り扱っています。
  • 畜産関係特別資金は、過去の負債の償還が困難な畜産経営者に対する長期・低利の借換資金であり、JAなどの融資機関において取り扱っています。

3 農山漁村等地域の情報集積を活用した持続可能な農山漁村等地域育成への貢献

JAバンク徳島では、地域社会へ貢献するため、次の取組みを行っています。

地域住民の農業に対する理解促進

 JAバンク徳島では、地域の農業に対する理解を促進するため、JAバンク食農教育応援事業を展開し、農業にかかる補助教材「農業とわたしたちのくらし」の配布や農業体験学習の受入れ等に取り組んでいます。

 補助教材「農業とわたしたちのくらし」は、JAバンクを通じて徳島県内の小学校と特別支援学校179校へ約8,000部配布され、学校の授業等において活用されています。

 また、県下JAでは下表のような食農教育など実践活動に取り組んでいます。

【JAバンク食農教育応援事業による活動内容】

JA名活動名(内容)
JA徳島市水稲苗栽培体験教室、さつまいも栽培収穫体験教室
JA名西郡野菜作り体験教室、稲作体験教室
JA板野郡にんじんの収穫体験と料理教室
JA徳島北稲作体験教室
JA大津松茂なし選果場の見学教室、地元地域の野菜を使った料理教室
JA里浦甘藷の栽培体験教室、大根の栽培体験教室
JA東とくしま野菜作り教室、親子料理教室
JAアグリあなんさつまいも・キャベツ等の栽培体験スクール、豆腐作り体験、親子料理教室
JAかいふさつまいも収穫体験と食農勉強会、お米作り体験と地元食材を活用した料理作り体験と試食会
JA阿波町稲作体験教室、野菜栽培体験教室
JA市場町田植えと稲刈り体験教室、夏野菜の栽培教室、JAについての勉強会
JA麻植郡地元農産物の学習スクール
JA美馬稲作体験教室、さつまいも栽培体験教室、餅つき体験・料理教室
JA阿波みよし稲作体験教室
JA徳島中央会「こども・野菜」食育フェスタ及び「ごはん・お米とわたし」作文図画コンクール表彰式
JAバンク徳島信連地元農産物を用いた勉強会

はじめてのお客さまへ